経営史学会・出版文化社賞授賞論文

2022年度経営史学会・出版文化社賞授賞論文

【本 賞】宮田憲一「戦後ウェスチングハウス・エレクトリック社の多角化と事業競争力 ―1950年代から1960 年代までの戦略構想―」(『経営史学』第56 巻第3号、2021 年12 月)

【奨励賞】伊藤輝美「電源開発㈱佐久間周波数変換所と直流送電事業の展開 ―革新的技術の導入と技術開発を通して―」(『経営史学』第56巻第1号、2021年6月)

 

2021年度経営史学会・出版文化社賞授賞論文

【本 賞】 
 満薗 勇「両大戦間期東京市における小売商店の職住関係:銀座通商店街  の事例から」(『経済学研究』第70巻第2号、2020 年12 月)。

【奨励賞】
 大石 直樹「三菱商事における組織の再設計-商品本部制の継承と進化-」  (『三菱史料館論集』第22号、2021年3月)。

 

2020年度経営史学会・出版文化社賞授賞論文

【本 賞】 
Sakai, Ken, “Thriving in the shadow of giants: The success of the Japanese surgical needle producer MANI, 1956-2016,” Business History, Vol.61, No.3, 2019.

【奨励賞】
水野敦洋「戦前期日本雑貨工業の海外進出をめぐる路線分岐―マッチ工業を事例に―」『経営史学』第54巻第1号、2019年6月。

過去の受賞論文リスト(1996-2020)